子宮内膜と黄体ホルモン

子宮内膜とは、子宮の内部にある膜のことです。
黄体ホルモンが分泌されることで、徐々に厚みが増えていきます。
妊娠すると、黄体ホルモンが分泌され続けることになるので、子宮内膜はどんどん分厚くなっていきます。
この厚みにより、胎児は衝撃などから守られつつ、安全に育つことができるようになるのです。

妊娠していない場合には、排卵期をピークに黄体ホルモンの分泌量は減っていきます。
すると子宮内膜は徐々に厚みを失っていき、やがて機能を維持することができなくなり、自然にはがれていきます。
はがれた子宮内膜は、子宮口から体外に排出されます。
この時、血液も一種に流れ出ることになります。
これが月経なのです。

子宮内膜は、月経後に再び作られ始めます。
そして排卵期まで成長し、その後再び機能を失ってはがれます。
女性の体は、これを繰り返しているのです。

また、はがれるはずの子宮内膜が、子宮内に残ったり卵巣に入り込んだりすることがあります。
これが蓄積されると、子宮内膜症になります。
子宮内膜症になると、性交渉の際に痛みが生じたり、月経痛がひどくなったり、不正出血が起こったりします。
不妊の原因となることもあるので、早めの治療が必要となります。