アフターピルによる出血理由

性行為の際の避妊に失敗した場合に緊急的に使用するものがアフターピルと呼ばれるものです。
避妊効果は完全であるとは言えませんが、正しく服用することによって高い効果を期待することが出来ます。

正しく避妊することが出来たか否かは出血があるかどうかにより判断することが出来ます。
アフターピルを服用することにより、早い人では服用後数日で出血がみられます。
この際の出血理由は、女性ホルモンを調整し、子宮内膜を剥がしすことにより妊娠を防ぐためです。
この出血のことを消退出血といいますが、出血量は排卵日により左右されます。
排卵日の直前に服用した場合には、出血量が少なく、逆に排卵日から日数が経過している場合には通常の月経と同量程度の出血が見られます。
また、通常の月経が終わったばかりであるという場合には出血が見られないという場合があります。

服用から3週間を経過しても出血が見られないという場合には、妊娠検査を実施することをオススメします。

また、アフターピルの服用後3日以内に出血が見られた場合には、病気の可能性もありますので、心配であれば専門医を受診するようにしましょう。

避妊に失敗したとしても、続けてアフターピルを服用することはさけましょう。