アフターピルがもたらす効果や構造と服用する際の注意点

アフターピルは、緊急の際の避妊薬であり、「後から服用しても効く」という大きなメリットを持った避妊薬であるため、多くの方に利用されています。海外で販売されている医薬品ではありますが、個人輸入仲介業者などによって、安全に、そしてリーズナブルな価格で入手できることも手伝って、現在多くの方が利用したり、もしもの時のためにと所有している方が非常に多いです。
さて、性行為の前や最中に服用や装着が絶対である避妊薬・避妊具において、アフターピルは何故行為の後からでも効果があるのでしょうか。その働きの構造として、服用することによって体内にホルモンが摂取されます。大量に摂取されたホルモンは体内のホルモンバランスの構造を変調させ、子宮内膜を剥離します。そして受精・着床する可能性を下げることによって後からでも避妊できる、というのがこの薬の構造・働きの正体です。
但し、便利なものには当然デメリットやリスクが存在します。まずはアフターピルを服用した際の副作用です。服用後に発症しやすい副作用としては、頭痛や吐き気・下腹部の痛み・胸部の違和感や痛みなどが主なものです。この、吐き気が厄介で、服用してから3時間以内に嘔吐してしまった場合、薬の効果が体内に浸透していないため、少し時間を置いて再度服用しなければなりません。また、早ければ早いほど避妊効果が高いため、なるべく早めに服用するようにしましょう。
また、体内に大量のホルモンを投与することになるため、常用してはなりません。あくまで臨時用であり、平常時はコンドームやピルなどを用いるようにしましょう。こちらの方が圧倒的に避妊効果が高いですし、身体への負担も圧倒的に少ないです。もしもの時のために保持するようにして、普段は使用しないように注意しましょう。